法制執務全般、じょうれいくんの操作、技術的な解説

7.その他、法令全般 記事一覧

2009/03/31(火)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

目的・趣旨規定の書き方

【お問い合わせ】目的・趣旨規定の書き方についてなのだが、① 「定めがあるもののほか」② 「定めるもののほか」と2種類の書き方があるのだが、どちらが書き方が正しいのか。【弊社見解】 『法制執務詳解 新版』(石毛正純著 ぎょうせい)(P60)によると、目的規定・趣旨規定の定義について次のようにあります。1 意義目的規定とは、法令の立法目的を簡潔に表現したもので、法令全体の解釈・運用の指針となるものであ...

続きを読む
タグ :
2009/03/16(月)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

規則の題名の付け方について

【お問い合わせ】 規則は「○○条例施行規則」という題名でなければいけない決まりがあるのだろうか。また、内容を表していれば、別の題名を付けることに問題はないか。 【弊社見解】 条例・規則の題名の付け方については、特に法制執務上の決まりがあるわけではございません。 題名をつけるときに留意することが大事なこととして、「『条例立案者のための法制執務』、早坂剛、ぎょうせい、p46」に...

続きを読む
タグ :
2009/03/03(火)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

別表の備考内の呼び方について

【お問い合わせ】ある条例において、別表の備考を次のように加える予定です。備考1 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○。(1) □□□□□□□□□□□□。(2) ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲。2 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○。(1) ○○○○○○○○○○○○○○○○○○。(2) ○○○○○○○○○○○○○○○○○○。上記のことを踏まえ、以下の点をお聞きします。(1) 備考の各部分について...

続きを読む
タグ :
2008/08/22(金)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

要綱の審査について

≪ご質問の内容≫ 特別融資制度推進会議について、要綱制定案があがってきた。このような要綱について、どのように審査をしたらよいか。参考資料等も併せてご教示頂きたい。 ********************************************* ≪弊社見解≫ まず見るべき部分として、条例・規則等で定めるべき事項であるか否か、という点があります。弊社がお調べしました所、本件「特...

続きを読む
タグ :
2008/05/28(水)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

号の枝番号の横書き表示は、「(1)の2」なのか「(1の2)」なのか?

【お問い合せ】号の枝番号の横書き表記は、「(1)の2」なのか「(1の2)」なのか?国からくる書類(様式)では「(1の2)」になっている。 【弊社見解】内閣法制局に問い合わせたところ、国は法令に関して「左横書き」を採用していないので当然ではありますが、「国では、横書きの基準は特に設けていない。」とのことでした。 自治体において例規を横書きにしている事例では、都道府県においても当初より「(1)の2」と...

続きを読む
タグ :
2008/04/08(火)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

規則番号について、欠番も許されるか

【お問い合わせ】規則を起案後、決裁前に廃案になってしまったが、すでに決裁が下りる前に附番している。規則番号の欠番というのはありえるか。【弊社見解】不可能とは言えないものの、望ましくないものと考えます。今回、弊社調査では番号が欠番となっている実例を見つけることができませんでした。或いは、他自治体様で実例があるかもしれませんが、少なくとも、好ましい形であるとはいえないものであると考えます。法令番号は公...

続きを読む
タグ :
2008/03/29(土)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

臨時特例法の消滅に伴う、臨時特例条例の廃止について

【お問い合せ】「個人の住民税に係る地方税法の臨時特例に関する法律」(昭和58年法律第68号)の施行に伴い、本市において「個人の市民税に係る市税条例の臨時特例に関する条例」が制定されています。先の法律は、現行法令の中にないため、廃止日を調べましたが判明しませんでした。この法律は昭和59年度限りで実効性を喪失し、廃止または失効といった特段の手続等をとらずに消滅したものかと思われますが、仮にこうした場合...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

「長が定める」「別に定める」という委任規定に問題はないか

【お問い合せ】条例を制定する際、委任規定を設ける場合には「~に必要な事項は、規則で定める」とするのが通例と思われるが、「町長が定める」「別に定める」と規定しているものが見られる。このような規定は、法制執務上誤りではないか。【弊社見解】「町長が定める」について法制執務上、誤りではありませんが、「規則で定める」とは意味が異なります。まず、「規則で定める」は、委任命令の法形式を「規則」と指定しています。...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

法「改正」ではなく法「修正」の場合、例規を改正するべきか

【お問い合せ】上位法の改正ではなく、正誤表による「修正」があった。条例を改正する必要があるのか?官報8月26日3678号 P32 で地方税法施行規則の改正ではなく「正誤表」として同施行規則の様式名が修正されている。原因は原稿の誤りで「様式第33号の2」→「「様式第33号の4」へ修正されている。この場合、現在公布状態にある○○町税条例の一部改正条例(公布:平成 15年 6月 26日 施行:条例第13...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 7.その他、法令全般

「地行第○○号許可」とは何か

【お問い合せ】例規形式について、「規則」、「告示」、「規程」などではなく、「地行第○○号許可」とされているものがあるが、これは何なのか。【弊社見解】一部事務組合が規約を定めたり変更したときは、地方自治法第284条及び286条の規定により、都道府県知事の許可が必要です。「地行第○○号」とはその県の地方課行政係の発送番号だと思われます。...

続きを読む
タグ :